乗鞍岳

ジンのなんちゃってアウトドア

乗鞍岳は軽装備でも簡単に山頂まで登れます!

乗鞍岳は軽装備でも簡単に山頂まで登れます!
↑下の建物があるところが畳平です。雲がかかってます。もうちょっとで森林限界。

 

乗鞍岳にはもう何度も登っています。乗鞍の何が良いかというと、3千メートル級の山なのに、山頂まで簡単に登れてしまう事です。何故かと言いますと、殆ど山頂付近まで車で上がって来れるので歩く時間が短いのです。昔はマイカーで行けましたが、今はバスでしか来れません。下のバス乗り場から、上(畳平)まで来たら、山頂まで歩いて一時間くらいでしょうか。そんなに距離はないので、景色を見ながらゆっくり歩いて山頂を目指す事ができます。
乗鞍
乗鞍
画像には雪が写っていますが、この日は8月のお盆休みの時ですので、いかに涼しいかがわかると思います。真夏には下界に下りるのがいやになるくらい快適です。乗鞍岳の大雪渓では夏でもスキーをやっている事でも有名で、この日も割と大勢のスキーヤーをみかけました。画像ではちょっと見えませんが、実際にはスキーヤーがいっぱいいます。私も若かりし日に、ここで夏スキーをやった事があります。まだマイカーで来れる時代でした。今からちょうど20年前になります。当然リフトはありませんので、板をかついで登ります。30分かけて登って30秒で下りてくるって感じです。空気が薄いので板を担いでおまけにスキーブーツで登るのは相当ハードです。しかもこけて下まで滑落したらゴツゴツの岩場で危険極まりないのであまりおすすめはしませんが。

 

乗鞍
上の画像に写っている赤い屋根の建物は、畳平から山頂に上がる間にある山小屋です。ゆっくり休憩ができます。トイレ(有料)もありますし、食事も出来ます。ここらへんからだんだん岩がゴツゴツしてきます。

 

乗鞍
山頂まであとちょっと。山頂近くはもう殆ど植物がありません。

 

乗鞍 
山頂です。ここまでおよそ1時間半くらい。山小屋でゆっくりしてなければ畳平から1時間くらいで来れるんじゃないかなと思います。乗鞍岳は何度も登っていますが、昔、マイカー乗り入れがOKだった頃、バイクで来た事もありますが、その時はライディングブーツを履いて山頂まで登った覚えがあります。普通、3千メートル級の山だとかなりの装備の人しか見かけないと思うのですが、中にはサンダル履きの人もいるくらいです。車で上がって来れる場所が日本で一番高いというのが乗鞍岳の大きな特徴ですね。

 

宿はいつも平湯温泉郷です。乗鞍へのバス停留所も近くにありますし、乗鞍へ行くにも新穂高へ行くにもいい場所にありますので。長野県側から来る人は白骨温泉を使うのかな。

 

乗鞍岳 近くの宿をじゃらんで探す

広告


関連ページ

上高地
何度行っても素晴らしい、上高地。一度は行ってみるべきです。管理人による上高地の紹介。

ホーム RSS購読 サイトマップ